サイズ デザイン 予算 初めて 自動見積 いくらから 生地 のぼり旗ネット 復興支援のぼり旗も人気 サイトマップ

 

 

のぼり旗を作るにあたって

のぼり旗を設置してポジティブな雰囲気を与える

復興支援には色々なやり方がありますが、地元の人々を励ます方法として注目されているのがのぼり旗を設置する方法です。
みんなでがんばろう、復興に向けて一致団結といった、応援メッセージを印刷したのぼり旗を設置すれば、地元の人々の心に潤いが届けられます。十分に物資やインフラが行き届き、衣食住が安定してきても、地元の人々の心が荒んだままでは復興への機運は高まりません。

のぼり旗を地域の公共施設や公園、道路などに設置していく事で暗いムードを払しょくし、地元の人々に活気や未来への期待を与えられれば、自然と地域全体にポジティブな雰囲気が漂います。

のぼりで活性化

景気とは、人々の気分によって大きく左右される部分が多々あるものです。地震や台風などの自然災害から、物理的には立ち直ったとしても肝心の地元消費者の心がまだまだ漠然とした不安感にとらわれていると、景気回復への道のりは遠いままです。

暗い雰囲気があるとお金を使う事に、何とも言えない不謹慎な感覚を覚えるのが一般消費者の心理でもあります。商店街にポジティブなメッセンジャーや前向きなキャッチコピーを掲載したのぼり旗を設置する事で、地元の一般消費者に明るい雰囲気を与え、地元経済の改善を支援できます。

旗に掲載するテキストやカラー選択にひと工夫をする

のぼり旗に印刷する応援メッセージですが、いわゆるテンプレート的な文章よりも地元色を全面的に押し出したテキストの方が、一般市民の心に響きやすいです。単純に災害復旧をがんばろう、と明記するよりも、あえて地元の方言でエールを送るテキストにする等、メッセージの意図は同じでも表現の形を工夫する事でより一層の効果が望めます。

リズム感の良いキャッチコピーを考えたり、俳句や川柳のようなスタイルで応援メッセージを掲載するのも一つのアイデアです。のぼり旗を見かけた地元の一般市民が思わず、口ずさんでしまうような文章にした方がアピール力が高まります。

のぼり旗は様々な色で制作可能ですが、災害復旧を目的に作る場合は前向きな雰囲気を醸し出せるような配慮が必要です。いわゆるビタミンカラーの生地色を採用した方が、見る人々にポジティブな印象を与えられます。

オレンジ色や黄色、赤色といった暖色系ののぼり旗の方が安心感や前向きなイメージを彷彿とさせます。のぼり旗に印刷するテキストの色味も同じく重要で、黒色や濃い緑や紫といったカラーは避け、将来への期待や明るい展望を連想させるホワイト、イエロー、ライトグリーンなどを採用したいところです。

のぼりの色